木曜日, 7月 30, 2009

上海紀行











7月30日(日)朝、羽田の国際線ターミナルはこじんまりしています。












昼に、上海の虹橋空港に到着。暑いです。初めての中国なのでドキドキわくわく。











上海維景酒店に宿をとります。長期滞在者向けのマンスリーマンションタイプなのでとても広いです。が、落ち着かないのでダブルベッドが置いてある部屋だけで過ごしました。TVもクーラーも備え付けてあります。一泊ごとにミネラルウォーターが二本サービスされます。

一泊500元(コーポレート契約しているため一般価格より安価)で、朝食は一階にあるコーヒーショップ「真鍋」で。洋食は全くいけません。私は食べませんでしたがウインナソーセージが甘いらしい。パンの生地も荒くて口に合いません。その代わり「お粥」は美味かった。











ホテルの窓からの風景です。道の反対側にコンビニがありました。手前の建物はアパートか?物干し竿が窓から突き出ていて、そこに洗濯物が干してあります。














豫園を見学しました。観光客で一杯です。日本人も多い。中国のセミの鳴き声に迫力がありました。











色が真っ赤っかなところはいかにも中国。











歩いているとどこからか怪しい時計売りや、靴磨きのおじさんが寄ってきます。日本人はカモなのかも。車の運転も乱暴です。クラクションも鳴らしまくり。歩行者優先という考えは全くないようで、横断歩道を歩いていても車が突っ込んできます。現地の人たちは器用にすり抜けて渡っていきます。バイクは好き勝手に歩道を走ります。電動モーター付きの自転車は音もたてずに近寄ってくるので気がつきにくく怖いです。











有名な小籠包を食べました。こりゃウマイ!!青島ビールも飲んで、一人あたり700円くらい。











ホテルの前のコンビニでミネラルウォーターを買っておきます。中国の生水は危険なのです。三得利ビールがコンビニで2.8元(40~45円)でした。アルコール度数が2.8%と低く、炭酸も少ないです。

ペットボトルのお茶を買うときは砂糖入りか、無糖か、見極めて買わないといけません。サントリーの烏龍茶はコンビニで3.3元でした。














これは現地の会社の会議室の窓からの景色。地下鉄2号線の南京西路駅で降りて7~8分のところ。雑居ビルで、1階から3階には怪しいお土産屋が軒を連ねています。











帰国前の夜。火鍋をごちそうになりました。白酒で中国式の乾杯をしました。この後、どうやって宿まで帰ったのか全く記憶がありません。(カラオケバーに連れて行ってもらった後、車でホテルまで送ってもらったらしい)。翌朝気がついたら、明かりをつけたままズボンだけ脱いだ状態で布団もかけずにベッドに寝ていました。












中国の水道事情です。バスタブのお湯を排水すると、最後にこのような茶色い泥?のようなものが残ります。これは飲めたもんじゃありません。気をつけていましたが、3日目からお腹の具合が悪くなりました。事前に会社で貰った下痢止めを飲みますが、効果はあまりないです。同行した二名も同じようにお腹の具合が悪くなっていました。生野菜のサラダを食べたせいかもしれない。











7月30日(木)虹橋空港の出発ロビー。











中国の航空機。まもなく搭乗時間。往復JALを利用。搭乗してさあ離陸といったところで、雷を伴った豪雨。離陸に一時間待たされてしまいました。機内食の味噌汁がうまいです。やっぱり日本がいい。
コメントを投稿