水曜日, 12月 16, 2009

9周年記念

11月に骨髄穿刺(魔録)の検査を受けたので、その結果を兼ねてと半年毎の内科の外来へ。骨髄には問題なく、産業医にコレステロールを下げる薬を勧められていることを相談したところ、「骨髄移植は終わっているので、これからはそういうリスクを考えた方がいいですね」とのこと。では、そうしよう。

いやそれにしても年末のせいか、病院の混んでいること。8時40分診察開始なので、8時30分に病院に着いた。外来受付機に診察券を通すと、もう既に受付の49番目。診察前に採血をしなければならないので採血室に向かって整理券を取ったらなんともう213番目。

混むのはいつものことのなので、のんびり本を読みつつ待っていたが、(特にご老人の方々は)なぜそんなに先を争うようにしているのだろう。番号を呼ぶ声が聞き取りにくいだとか、オレはいったい何番目なのだと係の人にくってかかるようにしている人。奥さんと思しき人を怒鳴るように呼んでいる人。最近の老人はキレやすいの??
コメントを投稿