金曜日, 10月 12, 2012

30年ぶりの広島市内観光

10月9日月曜日、広島に前日入りしました。さて、どこで一杯やりましょうか? 下調べしておいた「角打ち 福本屋」は、休日のせいかお休みでした。仕方がないので、広島駅南口から左手に見える、「一軒め酒場」に向います。養老の滝の系列のお店で、東京にもあるようです。

まずは、バクハイ(バクダンハイボール)という名の、ウイスキーのビール割を注文。ツマミは、旨カツという小ぶりの串かつが旨かったです。

翌日の午前中は、予定に反してフリータイムとなってしまったので、学生時代ユースホステル研究会の最終学年の時に、一人で訪れた広島原爆ドームと、平和祈念館に再訪します。

平和祈念館の展示は、30年たった今見てもショックです。こんなものを人がいる街の空の上から落とすなんて!? 30年前に見た白血病の恐ろしさをその25年後に自ら体験するとは露とも思わず。入院した歳に、ご両親に広島出身の方はいませんか?と主治医に聞かれたことは忘れていない。


広島で一仕事終えて、夜の新幹線で博多入りします。およそ1時間で着く。翌日のお昼のランチ。

その日の夜は、西鉄薬院駅のそばの中華料理屋さん。餃子が旨いよ。

翌日のお昼のランチ。鯖の塩焼き定食なんだけど、この品数を見てくれ! 東京へ戻ったら少し食事の量を抑えなければならぬ。博多天神は何でも旨いな。

コメントを投稿