土曜日, 1月 27, 2007

近江鉄道にしびれた

25日朝一ののぞみで名古屋まで、こだまに乗り換えて米原へ、東海道線新快速に乗り換えて近江八幡へ、近江鉄道に乗り換えて目的地の滋賀県八日市へ向かう。





二両編成の単線で、途中の駅はほとんど無人駅。下車するときは先頭車両の一番前のドアが開くので、そこで運転士に切符を渡す。ワンマンバスと同じ仕組み。目的地の八日市の一駅前の新八日市駅は昭和初期の映画のセットのような駅舎。






一仕事終えた後は、関西駐在の者と大阪で痛飲。予約していた京都のホテルにチェックインしたのは夜の11時。シングルを予約していたのに、ベッドが四つある部屋に通された。大浴場もあって広々。ビジネスホテルのユニットバスは好かん。





翌日の26日は、午前中で仕事を終えたので、せっかくだから、と京都市内をひとめぐり。まずは、八坂神社。京都の市営地下鉄の初乗り運賃はなんと210円!







てくてく歩いて清水寺に向かう。三年坂を登りきったところ。いい運動になる。






そして清水寺。よくあるアングルから携帯のカメラでパシャリ。

コメントを投稿