月曜日, 12月 24, 2012

アラウンド ザ 九州 + 山陰小京都の旅(三日目)


2012年12/19(水)
 熊本-人吉 8:31-10:00 JR特急くまがわ 1号
 人吉-吉松 10:08-11:21 JRいさぶろう 1号
 吉松-鹿児島中央 11:24-12:43 JR特急はやとの風 1号
 JR九州ホテル鹿児島

 昨夜少々飲みすぎて朝は不調。ホテルの和定食を無理やりかきこんで、市電で熊本駅に向かう。始発の特急くまがわに乗り込んで、うつらうつらする。列車は球磨川沿いを延々と走る。対面の道路は、ところどころ崩落している場所を修復工事している。夏の台風の大雨災害であろう。



女性の客室乗務員兼車掌さんが、観光案内、車内販売ほかおもてなしがあり。なんとくじ引きも、もちろん「はずれ」

球磨川沿いを延々と。熊本から人吉に向かうときは、進行方向右側の方が良いと思う。今回は左側席だったので、山の側面を見ていることが多かった。


 人吉駅で、いさぶろうに乗り換える。ループ線とスイッチバックで500m駆け上がる。車内改装されていてきれいだが、車両は古そう。駅で4?5分停車して、駅やSLの見学ができる。観光列車なのだ。またもや女性の客室乗務員がいて、観光案内や、記念写真、土産の車内販売など、いろいろもてなしてくれる。

真幸駅、鳴らすと幸せになれるという幸せの鐘がある。

駅で4~5分停車して、駅舎を見学できる。立っているのは客室乗務員の方。



普通車でありながら、観光列車なので、車内はこんな感じ。でも直角椅子。

30/1000という勾配を登るので、ループ線とスイッチバックを繰り返す。

途中の駅にはD51の展示も。近くで見るとだいぶ傷んでます。

客室乗務員の女性が記念写真をお撮りします、と。遠慮しようと思っていたのだけれども、反対側の席にいたおじさんが、嬉々として、写されていたので、ついつられて自分も。

景色がスバラシイ。
と、楽しい路線旅でしたが、この路線工事には当時の方たちが大変な苦労をされたそうであります。急坂であったため、逆走した列車にはねられて亡くなられた方もいるそうで。合掌。

 吉松駅で、特急はやとの風に乗り換えて一路、鹿児島へ。途中、錦江湾に沿うように、桜島を左手に見ながら進む。

座席シートはさすがに特急です。

おじいさんを撮ろうとしたわけではない。


黒い車体が凛々しい。

鹿児島中央駅に到着。
鹿児島でも路面電車。ここはこれまでの中で一番高くて、160円。ここは中心街の天文館。

昼食は、はやとの風の車内で買った、さつまいものアンパンだけだったので、早めの夕食。黒豚のとんかつ旨かったが、箸立ての右に置いてあった「豚みそ」がウマイ!

疲れたのでフットマサージャを借りて休息。気持ちいい。
続く...
コメントを投稿