月曜日, 12月 24, 2012

アラウンド ザ 九州 + 山陰小京都の旅(六日目:最終日)


2012年12/22()
 津和野-出雲市 9:58-12:10 JR特急スーパーおき  2
 出雲市-東京 18:55-7:08 寝台特急サンライス出雲

 さて、今日は最終日です。7時30分に朝食。宿泊客は私の他に、出張できたついでに、という客が一人のみ。部屋がちょっと寒いな、と思う間もなく、女将さんがひざ掛けを持ってきてくれました。 

萩で採れた魚の干物、白菜の煮浸し、手作りの豆腐。このあと、だし巻きたまごも出てきました。


お世話になりました。また泊まりたい宿です。

雨が上がったので、ぶらり散歩。

さすがにこの時期、この時間、この天気では誰もいないね。昨晩いただいた地酒の作り酒屋さんがこの並びにありました。

アオサギが出迎え

津和野駅全景。背景の小山には雨上がりの白いモヤがかかってます。観光化が進んだ由布院より、素朴な津和野がいいな。

のわつ?

特急スーパーおき が入線。気動車ながらかっ飛ばしてくれます。出雲市まで約2時間。

割子そば。「わりごそば」と読むのだ。飽食が続いたので、シンプルなおそばがおいしい。

時間があるので、一畑電車に乗って、

出雲大社に

帰る頃には日が出てきました。
さあ、東京に帰りましょう。
 30年前、ユースホステルを泊まり歩いて、津和野に来た時も、帰路は寝台特急を利用しました。その頃は古いブルートレインで、加速減速を繰り返すたび連結器のガタガタいう揺れが、あたかも早く起きろと身体を揺すぶられるような感覚て、寝られたものではありませんでした。今回は、サンライズ出雲に乗ります。



B寝台シングル2階を予約してます


ベッド脇にキャスターバッグが置けるくらいのスペースがあります。

 さすがに乗り心地は改良されています。揺れはありますが、ソフトな感じです。一人旅なので、観光シーズンを避け(さらに年の押し迫ったクリスマス前)たので、出発時の18時55分には、あたりは真っ暗で、徐々に日が暮れていく中をひた走る寝台列車を味わうことはできませんでした。

 長崎では皿うどん、熊本で馬刺しと辛子レンコン、一文字ぐるぐる、鹿児島で黒豚のとんかつと、豚みそが記憶に残る食べ物となりました。
 由布院は、宿の選択を誤ったので、コメント無し。津和野は相変わらずいい味を持った町で、お宿のもてなしも最高でした。

 一方、乗り鉄としては、熊本-人吉-吉松-鹿児島中央の乗り継ぎ列車は楽しい思い出となりました。JR九州は全国で一番楽しめる特急列車を持っているのではないかと思います。

 参考のために、今回の旅程をまとめておきます。青い網掛けをした部分はJR周遊きっぷ 九州ゾーンを利用した範囲です。
コメントを投稿